読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リヨン第3大学留学

フランス、リヨンの留学記と日本文化をフランス語で紹介するブログです

リヨンに来てから1ヶ月。【振り返り】

 

2016年8月26日。

 

 

その日は紛れもなく、自分のフランス留学生活が始まった日。

 

 

高校2年のときに再びフランスの地で勉強したいと望んでから、その夢の舞台に来た日。

 

 

当時は本当に留学できるなんて思ってもみなかった。

けどちゃんと今ここで、フランスのリヨンで、生活して学んでいる。

 

良い意味で毎日を踏み締めて生きている。

 

 

 

 

今日でリヨンに来てから1ヶ月が経過。

 

 

この1ヶ月かなり色々なことがあった。

 

様々な手続き、一人暮らし、人間関係、学校生活、(いくつかブログにも載せましたが)、決して楽な道のりではなかった。

 

 

なんのためにフランスに来たのか

なぜ今自分はここにいるのか

日本で大学生活を送っている方がよっぽど楽だったのではないか。

 

帰りたいというか、安心できる場所に戻りたい。

 

そんなことを考えて、

毎日を必死で生きていくそんな生活に耐えられるのか不安に駆られた日もあった。

 

 

でも自分の目標を読み直して、見失いそうになった自分を取り戻して自分を強く持つようにした。

 

頑張ります!なんて、言ってきたのにこんなんでへこたれているようではまだまだだと。

 

それに、おそらく留学を始めた人はみんななんらかの困難を乗り越えているのだと思った。

 

同じ大学から多くの友達がフランスで勉強している。

 

自分だけが大変なんじゃない。日本も含め、みんなそれぞれの場所で頑張ってるって考えると、悩んでたってしょうがないって思うことができるようになった。

 

  

1ヶ月経って、やっと落ち着いてきたような、同時に、あまり物事に動じなくなったような気がする。

 

交渉次第でなんとかなるということも分かった。でもそのためにはフランス語がもちろん必要。

昨日マルシェで布団を買ったけど、話そうと努力すれば相手も応じてくれる

 

 

でもまだまだ毎日、新しいことの連続。(今朝ゴミ部屋に閉じ込められたように。笑)

 

何事も経験だし、やってみなきゃ、言って(行って)みなきゃわからない。

 

そうポジティブに考える。

もともとあまり深く考えない性格だし、最悪寝れば忘れられる。

 

 

新しい人にもたくさん出会った。

 

特に日本語学科の友達にはすごい感謝してる。

実際に授業が始まる前にフランス語を聞いて話して練習することができた。

 

新しい表現もたくさん教えてもらった。自分の国に興味を持っている人と話すことができるのは打ち解けやすいし盛り上がる。

 

 

日本人同士は、お互い不安なことも多くて、フランスの対応も人によって異なったりで助け合った。

 

 

肝心の語学はというと、、、

 

少しは聞き取れるようになった。

フランス人同士が話してて、急に話題が変わったりするけど、なんの話かわかるようになってきたし、わからなすぎるってことがなくなったから色々聞けるようにもなった。

それに聞き返す回数も減った。

 

講義は、相変わらずノートをとるにも全体を理解するのも自分のフランス語力じゃまだまだ不十分ではある。

でも来てすぐは頭がパンクしそうだった授業時間も、話が聞きながらわかってくると、楽しくなり始めた。

 

聞き取れそうな先生の話をきちんと文章として理解するのが今の目標。

 

 

 

なんだかんだで、1ヶ月あってちょっとは成長したように感じる。

でもまだ足りないし、もっともっと努力する。

 

毎日フランス語に囲まれて生活できる、こんな恵まれた環境ないのだから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 26/09/2016

 

C'est le jour où je suis arrivé en France.

Je n'oublie pas le jour où j'ai commencé à vivre à Lyon puisque mon rêve s'est finalement réalisé. 

 

Quand j'étais lycéen, je n'ai pas pensé pouvoir aller étudier en France.

 

Maintenant, je vis à Lyon.

 

 

 

Un mois est passé depuis mon arrivée.

 

 

J'ai fait de nombreuse expériences dans ce mois ; des formalités, de vivre seul, la relation humaines, l’université, etc.
C’étaient pas facile.
 
 
Pourquoi je suis venu en France ?
Pour quelle raison je suis à Lyon ?
J’ai pensé que je voudrais rentrer.
 
Je ne savais pas si je peux endurer la vie de France.
 
 
Mais je me suis relu mon but et j’ai franchi mon obstacle.
 
 
Mes amis japonais font également des efforts en France, ce qui m’a pris mon courage.
 
 
Maintenant, je me suis habitué peu à peu à vivre en France et je ne perds pas mon sang-froid tout de suite quand je rencontre des difficultés.
 
Ici en France, si je discute, on peut changer la situation.
 
J’ai acheté une couette enfin, si je voudrais discuter, quelqu’un me répond.
 
Tous les jours, c’est frais pour moi, je découvre quelques choses nouveaux.
(Hier, j’ai été enfermé dans la salle de poubelle. C’était auto-bloquant même que ma chambre lol)
 
Cependant, je voudrais défier beaucoup de choses nouveaux. 
 
Je réfléchis toujours positivement, sinon je dors, c’est bien pour moi.
 
 
Et puis j’ai rencontré un tas de gens, les français, les étudiants internationaux, les japonais. 
 
Particulièrement, je vous remercie mes amis français.
Du fait de vous rencontre, j’ai pratiqué mon français, et passé un bon moment.
Et vous m’apprenez des nouvelles phrases et marrants.
 
 
 
Mon français….
 
 
Dans le cours, le professeur parle toujours  vite, mais au début de septembre, le cours français passait les borne de ma comprenette, maintenant que je peux arriver  à entendre le français progressivement, ça m’intéresse beaucoup.
 
 
Mais je ne suis pas encore content de mon français et la vie. Je profite de bien une bonne chance d'étudier à Lyon en France où bien sûr je vis avec le français.
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

全然まとまっていなくて、申し訳ないです。

そのまま感じたことを書きたいと思い、綴ってみました。

 

ブログとは別に日記は基本毎日書いているのですが、読み返すと、この1ヶ月で色々日本では感じられないようなこと、経験できないようなことを体験したんだなと思いました。

 

まだまだ始まったばかりでこれから色々なことが待ち構えていると思いますが、精一杯頑張ります。

 

 

 

【お礼】

最後になってしまいましたが、ブログを読んでくださる方ありがとうございます。

拙い文章で、内容もまとまりがないことも多々ありますが、これからもフランス、リヨン生活、日本文化紹介(これからチャレンジします)について書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

26/09/2016

ごう